Information: 2016/5/26updated

◆ 沖部奈緒子准教授は、JSPS 科研若手研究(B)に採択されました。◆
Associate Prof. OKIBE received a research grant "Grant-in-Aid for Young Scientists(B)" from JSPS.
研究課題「超好酸性細菌を利用したレアメタル資源の新規バイオ回収技術の開発」(H26-27)
内閣府・総合科学技術・イノベーション会議にて、笹木圭子教授の最先端・次世代研究開発支援プログラム(NEXT)の事後評価結果が出ました。
研究課題「ジオミメティクスによる環境材料の創成」(H22-25)
内閣府:総合科学技術・イノベーション会議(第8回)議事次第(2015/4/10)
※NEXT関係資料抜粋:笹木先生の情報は、以下PDFファイルの p77をご参照ください。
資料1-4:最先端・次世代研究開発支援プログラム(NEXT)事後評価結果 3 (PDF形式:586KB)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
その他の資料:●稲田大学アカデミックソリューション(WAS)作成資料
笹木圭子教授の最先端・次世代研究開発支援プログラム(JSPS)が、中間評価で
「特に優れた成果が見込まれると評価された研究課題」に選ばれました。
研究課題「ジオミメティクスによる環境材料の創成」(H22-25)
先端・次世代研究開発支援プログラムの中間評価について
研究の詳細研究概要のポスター(PDF)
プログラムについて内閣府 科学技術政策ホームページ

平島 剛教授は、JSPS 科研基盤研究(A)に採択されました。◆
Prof. Hirajima received a research grant "Grant-in-Aid for Scientific Research(A)" from JSPS.
研究課題「低炭素社会を目指したエネルギーフロンティア」(H24-26)
沖部奈緒子准教授は、JSPS 科研若手研究(B)に採択されました。
Associate Prof. OKIBE received a research grant "Grant-in-Aid for Young Scientists(B)" from JSPS.
研究課題「古細菌を利用した新規ヒ素不動化バイオプロセスの開発」(H24-25)
Mar. 2012
Lynne Macaskie教授 と Dr. Stephanie Handley-Sidhu来訪
2012/3/16 英国バーミンガム大学よりLynne Macaskie教授とDr. Stephanie Handley-Sidhuが来訪され、以下の講演が行われました。
Prof. Lynne Macaskie and Dr. Stephanie Handley-Sidhu of University of Birmingham in Britain visited Kyushu University and held a special lecture titled below.
****************************************
Microbial Approaches to Durable, Effective Radionuclide Decontamination
Prof. Lynne Macaskie
(Dept. Microbiology, University of Birmingham)
****************************************
Radionuclide Remediation Using Microbially Prepared Nanoparticulate Hydroxyapatite
Dr. Stephanie Handley-Sidhu
(School of Geography, Earth and Environmental Sciences, University of Birmingham)
* * * * * * * * * *  * * * * * * * * * *
Dec. 2011, ◆ JSPS 招へい研究者
Kwadwo Osseo-Asare教授
外国人招聘研究者として、米国PENN STATE UniversityよりKwadwo Osseo-Asare教授を
お招きしました。(JSPS 外国人招聘研究者、2011/12/5-29)
May - Jul. 2011, ◆ JSPS 招へい研究者
Olli H. TUOVINEN教授
外国人招聘研究者として、米国Ohio State University よりOlli H. TUOVINEN教授を
お招きしました。(JSPS 外国人招聘研究者、2011/5/8-2011/7/6)
Mar. 2011, ◆ 笹木圭子教授は、最先端・次世代研究開発支援プログラム(JSPS)に採択されました。
Prof. SASAKI received a research grant of Funding Program for Next Generation World-Leading Researchers(NEXT Program) from Japan Society for the Promotion of Science (JSPS).
研究課題「ジオミメティクスによる環境材料の創成」
Project Title: Creation of environmental materials from geomimetics

最先端・次世代研究開発支援プログラムの研究者・研究課題の決定について(H22-25)
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/jisedai_kettei.htmll

日経バイオに当研究室の学術研究員、熊谷氏のインタビューが掲載されました。
Our Resarcher Dr. KUMAGAI's interview was published in NIKKEI Biotechnology Japan.

2009年7月30日に開催された第18回日本エネルギー学会大会において、研究発表を行ったポスドク研究員の熊谷氏が、日経バイオから取材を受けました。
「水熱反応を用いたモウソウチクからのキシロオリゴ糖生産と残渣の燃料化」熊谷聡、平島剛、林信行 
発表内容は、モウソウチクを200℃の加圧熱水中で反応させ、ヘミセルロースキシランを加水分解し、キシロオリゴ糖を生産して、残渣を固体燃料として利用することからなるモウソウチクの高度有効利用プロセスを紹介したものです。

In the 18th conference of the JAPAN INSTITUTE of ENERGY, held on July 30th 2009, our researcher Dr. Kumagai who had presented his research on the day was interviewed by NIKKEI Biotechnology Japan.
"Production of Valuable Chemicals from Bamboo by Hydrothermal Treatment" Satoshi KUMAGAI, Tsuyoshi HIRAJIMA, Nobuyuki HAYASHI
Dr. KUMAGAI introduced the effective utilization of moso-bamboo with hydrothermal treatment as follows.It was treated in a hot-compressed water at the temperature of 200C. Hemicellulose (xylan) was hydrolyzed and produced xylo-oligosaccharides. Additionally, the treatment residue was utilized as a solid fuel.

2010 ◆ 平島 剛教授が、インタビューを受けました。
九州大学炭素資源国際教育研究センターの
ホームページで、副センター長である平島教授の
研究者インタビューが掲載されました。
第3回 平島剛教授インタビュー

- 閉じる -